ドテラの人間関係トラブル回避のポイント4選

もう友達を誘いたくない!ネットで“こっそり”ダウンを作る秘策とは(タップ!)

ウィズコロナ時代。

本業とは別により収入を増やしたい!と思い、ドテラを副業で始めている方もたくさんいらっしゃいますよね。

しかし、ドテラなどのネットワークビジネスと聞くと、皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか?

「人付き合いが少ないのだけど、ドテラに誰を誘えばいいのかな・・」

「ドテラがきっかけで知り合いや友達とトラブルになったりしないかなぁ・・・」

 

など…
人との付き合い方、人間関係での悩みについて思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

  • ドテラなどのネットワークビジネスで陥りやすい人間関係トラブルの例について
  • ドテラで良好な人間関係を両立するための4つのポイントについて
Chika
こちらの内容で、心理学を学び、ネットワークビジネスオンライン集客アドバイザーとして活動、実績のある筆者がまとめています。

ドテラにおける悩みはやはり人間関係

ドテラは、高品質なメディカルアロマを他の人に紹介し、収益化する仕組みです。
なので、人との関わりはネットワークビジネスにおいて不可欠です。
そして、誰に紹介するかによっておこりうる人間関係の問題も変わっていきます。
皆さんがどんな人をドテラなどのネットワークビジネスへと勧誘しているのかを紹介します。

皆さんはドテラへどんな人を勧誘しているの?

友人・ママ友

地元や学生時代の友人。
また、お子さんがいるママさん達は気軽に交流できるママ友を勧誘する方も多いようです。

家族・親戚

兄弟や両親。
また、関係の濃い親戚から関わりがあまり少ない親戚まで様々です。

職場関係の人

副業として取り組んでいる人は、職場で親しい関係にある人や、前職で仲が良かった人に声をかけるという方もいます。

ご近所さん

ご近所付き合いが活発であれば、普段世間話をよくしているご近所さんに声をかけるという方も。

 

知り合いの知り合い(紹介してもらった人)

周りにドテラなどのネットワークビジネスに興味がある方がいない場合、他の人にドテラなどのネットワークビジネスに興味があるという人を紹介してもらうことも。

飲食店やイベントなど新しい交流でできた人

社交的な方は、たまたま行った飲食店やイベントで知り合った人に、ドテラなどのネットワークビジネスへ勧誘する方もいます。

 

ドテラで陥りやすい人間関係トラブルの例

主に皆さんは、先ほど挙げた人たちにドテラに勧誘するようです。

しかし、方法を間違えればすぐ人間関係のトラブルへと発展しやすいのもこのドテラのデメリットです。

それでは、なぜ人間関係のトラブルへと発展してしまうのかの例を挙げて説明していきます。

グイグイ行き過ぎてしまった

「とにかく、成果を出したい・・・!」
その一心で相手のことをよく考えず、ひたすら勧誘をしすぎてしまった。

この場合、相手に不信感を抱かせてしまい警戒されてしまうことがあります。
なので、自分の欲ばかりを出してしまうと友人を失ってしまうこともあるため、
しっかりと相手の気持ちになることも人間関係のトラブルを避けるために大切だと言えます。

ドテラでよくある話なのですが、数年連絡を取っていなかった人をご飯に誘って、
急にドテラの勧誘をしてしまい、友人との人間関係が崩れてしまったと悩んでいる人は少なくありません。

 

しかし、普通に考えてみると当然のことですよね?
もし私が勧誘を受けた友人の立場なら100%不快な思いをすると思いますし、自分を利用しようと思って会いに来たんだなと思ってしまうと思います。

 

しかし、もし、普段から交流があってよく遊んだりご飯食べたりする友人から、
「ドテラを始めて頑張りたいと思っているから協力してくれないかな?」と言われたらどうでしょうか?
私なら、その人のためなら協力してもいいかなと思いますし、
もしやらないにしてもドテラによる人間関係が崩れることはないと思います。
そこにはもちろん情熱を伝える伝え方も大事なポイントですよね。

相手のニーズを考えなかった

ドテラを「私はおすすめしたい!本当にいいよ!」と自分は自信を持って相手に勧めているかもしれません。
しかし、相手にとっては興味や必要性がないこともあります。

 

紹介したのち「やっぱり、遠慮しておく」と断られたにもかかわらず、その相手の必要性を考えず、ずっと粘り強くドテラを紹介し続けた挙句、しつこいと思われて人間関係が悪化してしまいます。

Chika
断られたのに再度勧誘するのは違法行為なので気をつけましょうね。

人のためにと思ってやったことが、自分本位になってしまったという典型的なケースです。
相手が興味を示さなかったり、断られたりした場合はしつこくドテラを勧め続けるのではなく、
すぐ引き下がる姿勢が人間関係トラブルを防ぐ上でとても大切です。

 

「ネットワークビジネスやってる」とママ友にバレて変な噂を流されるのはもううんざり【タップ!】

内容の説明不足によるトラブル

どのビジネスでもいえることですが、ドテラにもメリット・デメリット両方存在します。
勧誘するときに、ドテラなどの良い部分のみを相手に説明したとします。
でも、実際に紹介されて始めた人が「最初に聞いていた話と全然違う!」と後にトラブルに。

確かに、入会してもらうためにはドテラの良い情報のみを伝える方が成功率が上がると思いがちです。
ですが、他の方に自信を持って紹介する場合は、ドテラのきちんと良い部分も悪い部分もあらかじめ伝えることが、人間関係を良好に保つ上で必要なことだと言えます。

ドテラで良好な人間関係を両立するための4つのポイント

ドテラは、勧誘の方法を間違えてしまうと一気に自分の信用を無くし、人間関係を破綻させてしまいます。
そのため、人間関係で失敗しないためには、

  1. 日ごろから交流があり、信頼関係ができている人にドテラの勧誘をすること
  2. 自分の欲ばかりを出さず、相手の気持ちをきちんと考える姿勢を大切にすること
  3. しつこくしすぎないこと
  4. 勧誘時にきちんとドテラのデメリットを含めた本当の内容を説明しておくこと

以上のことを踏まえて勧誘を行うことが人間関係を良好に保つ上で大切です。

まとめ

・ドテラなどのネットワークビジネスにおいて人間関係に悩む人は多い。

・その解決法として上で述べた4つのポイントがある。

もう、友達の勧誘はしたくない!その悩み解決策知りたいですか?

ドテラをビジネスでられている方の多くが

友達を誘って断られるのが怖い…
周りから怪しいと噂されるのはもう嫌!

と悩みを抱えていますよね。

実は…友達を誘わずに、誰にもバレずにこっそり人脈を無限に広げるコツがあるんです!

もし、ドテラに興味がある人とだけ出会えて、

しかも相手の方から「その話聞かせて!」という方法があるとしたらあなたは興味ありますか??

 

友達を一人も誘わず、バレずにこっそりドテラで成功する方法があったら知りたいですか?(タップ)

テキストのコピーはできません。